プラセンタ注射

POINT

  • 安心の国産プラセンタ製剤のみ使用
  • 継続しやすいリーズナブルプライス
  • 診察料や手技料のすべてを含む金額

プラセンタとは

プラセンタは、母体の胎盤を原料とした医薬品で、主に注射により投与されます。医療現場では、古くから肝障害の治療薬として広く用いられてきました。アミノ酸や各種ビタミン類、ミネラルなど、多くの栄養素が豊富に含まれており、美容や健康のためのエイジングケアに加え、免疫機能の改善や、更年期障害の治療にも有効であり、近年注目を集めております。

プラセンタの効能

エイジングケア作用

血流の促進と細胞分裂の活性化により
組織の新生を促す

人体に有害な活性酸素を除去し
細胞の老化を抑制する

美白・美肌作用

強い抗炎症作用により
皮膚のダメージをすみやかに修復する

シミの原因となるメラニン色素の
産生を抑制し排出を促進する

肝機能の改善

傷んだ肝臓の細胞を修復し
再生を促すことで肝機能を回復させる

肝臓の内部に蓄積した脂肪を分解し
脂肪肝を改善する

疲労・倦怠感の除去

基礎代謝を向上させることにより
身体機能を活性化させる

全身の細胞のエネルギー代謝を高め
疲労を回復させる

抗アレルギー作用

身体の免疫機能の改善作用により
アレルギー症状を抑制する

皮膚の抗炎症作用との相乗効果から
アトピーの症状を改善する

更年期障害の症状の緩和

女性ホルモンの分泌の適正化に加え
自律神経のバランスを調整する

発汗・動悸・むくみ・精神不調など
更年期障害の症状を改善する

当院のプラセンタ注射の特徴

当院で使用するプラセンタは、医薬品医療機器法承認の、ヒトの胎盤由来のプラセンタ製剤を採用しており、国内の正規医薬品となります。投与方法は、肩やお尻の筋肉への注射となり、メーカーが禁止している血管内への静脈注射・点滴などは行っておりません。投与の頻度や、1回の注射における最適な投与本数は、体重や体格、投与の目的などにより異なりますため、診察時に医師にご相談ください。

施術における注意点とリスク

  • 表示の価格は、総額表示となり、初診料・診察料・注射手技料などの追加費用は一切かかりません。
  • 使用する薬剤は、医薬品医療機器法承認の国内正規医薬品ですが、健康や美容を目的とした使用は健康保険適用外であるため、自由診療での実施となります。なお、当院では保険診療におけるプラセンタ注射は行っておりません。
  • プラセンタは、胎盤を原料とした生物製剤であり、理論上の感染リスクを完全に否定することはできませんが、非常に厳格な安全管理体制のもとで製造されており、1974年の発売開始以来、感染事故の報告は1例もございません。
  • 薬剤の注射により考えられる副作用としては主に、気分不快感・注射部位の皮下出血や硬結・発疹・蕁麻疹・アナフィラキシーなどが挙げられます。また、すべての注射手技には、わずかな確率ながらも注射部周囲の神経損傷の可能性が伴います。プラセンタ注射の実施にあたっては、上記の内容についてすべてご理解いただいた上で、同意書の記載が必要となりますことをご了承ください。
  • 以前に薬剤や化学物質に対してアレルギーを起こしたことのある方、妊娠中や授乳中の方には、実施することができません。
  • 十分な効果を得るには、一定期間継続して実施することをお勧めいたします。1回の注射につき、最大5本までの投与を承りますが、最適な投与本数は、体重や体格、投与の目的や頻度などにより異なりますため、診察時に医師にご相談ください。

価格

税込価格

1本

1,650円

2本以上

1本あたり

1,100円

  • 1回の注射につき5本まで投与可能
  • 診察料や注射手技料のすべてを含む金額

診療科

美容皮膚科・皮膚科
アレルギー科

診療時間

月~金:10:00-13:30 15:30-19:00
土曜日:10:00-14:30
診療終了時間の30分前に受付終了
完全予約制

休診日

日曜・祝日

住所

〒101-0021
東京都千代田区外神田 6-14-2
サカイ末広ビル7階

電話番号

03-5812-4517

CONTACT

お問合せ・ご予約

お急ぎのご用件や当日の予約変更などは
必ずお電話でのご連絡をお願いいたします。


    ※当フォーマットは、あくまで患者様の予約希望日の聴取の場となりますので、ご都合のよろしい日時を、なるべく複数提示してください。追って当院より、電話もしくは電子メールにてご返答をさせていただき、相談の上で、予約を確定いたします。フォーマットに記載し送信しただけでは、予約は完了しておりませんことをご了承ください。

    ※当院の診療業務と関連の無い内容、たとえば営業メールなどには一切対応はいたしませんので、ご遠慮ください。